なぜ歯の治療は小分けに行うの?

なぜ歯科医院の治療には期間と回数がかかるのか

歯の日常のメンテナンスとどうしてもかかる虫歯

皆さん普段から歯のメンテナンスには気をつけていることと思いますが、ちょっとでも気を抜くとどうしてもかかってしまうのが厄介な虫歯ですね。
初期の段階の虫歯ならまだ良いのですが、重症になってくると結構長い間歯科医院のお世話にならないといけなくなります。

さらに歯科医院の治療も一回で済めばよいのですがなかなか一回ではすまないことが多く、たいていの場合複数回にわたって通院しないといけなくなることがほとんどです。
ではなぜ歯科医院の治療は一回では終わらないのでしょうか。
凄く意地の悪い見方をすれば歯医者さんが儲かるように治療を一回では済ませないのかと思う方もいる冠も知れませんが実際はそうではないのです。
逆に一回で治療を終わらせてしまうことが虫歯の治療の場合は危険といえるからなのです。
通常の病院の場合は症状を一度に緩和するように努めるものですが、歯科医院の場合は小分けにして治療を施す必要がどうしてもあるのです。
虫歯は自然に治る病気ではない為どうしても何らかの処置をする必要があります。
さらに歯科医院を訪れる場合痛みや腫れなど深刻になってから訪れるケースがほとんどなため複数の治療が必要になるのです。
ではまとめて複数の治療を一度に行えばよいのではという疑問も出てくるかと思いますが、それでは患者の体に負担が大きすぎるため一回では行えないのです。
このサイトでは歯科医院が治療を小分けにする理由について調べてみたいと思います。

TOPへ戻る