なぜ歯科医院の治療には期間と回数がかかるのか

>

どうして歯科医院の治療は一回ですまないのか

普段から気をつけたい歯のメンテナンス

皆さん普段から歯のメンテナンスには気を使っていることかと思いますが、どんなに気を使っていてもちょっと気を抜いてしまうと発生するのが虫歯ですね。
初期の虫歯ならまだ我慢も出来るのですが、重症の虫歯になるといやでも歯医者のお世話にならないといけなくなります。
歯医者は苦手というイメージを持っている方も多いかと思いますので、出来れば行きたくないものですね。
なので普段から歯のメンテナンスには人一倍気を使っていきたいものですね。
普段からの歯磨きの徹底はもちろん、歯間ブラシやフロスなどのグッズも十分活用してとにかく毎日のメンテナンスを充実させることが歯にとって一番大事なことなのではないかと思います。
歯の健康を保つことは精神衛生上にも良いですね。

いくら気をつけていてもかかってしまう虫歯

それでもかかってしまうのが虫歯ですね。
メンテナンスをしっかり行っているつもりでもかかってしまうのが虫歯です。
なぜ虫歯にかかってしまうのかというと虫歯は口の中の細菌によって歯が溶けた状態のことを言い、進行すると痛みが生じ歯に穴が開いた状態は重症の虫歯になってしまい治療が必要になります。
原因として大きいのは口の中にはさまざまな種類の細菌が存在します。
そのなかで虫歯の原因となる菌は、食べ物などに含まれる糖分を餌にして増殖し虫歯の原因となる物質を作って歯に付いてしまいます。
同時に酸の力によって、付着した歯の表面からはカルシウムイオンやリン酸イオンが溶け出します。
それが歯が溶け出し虫歯という症状になるのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る