なぜ歯科医院の治療には期間と回数がかかるのか

>

歯科医院の治療が一回で終わらない本当の理由

なぜ歯科医院には複数回通うのか

ではなぜ虫歯の治療に関しては一回の治療では終わらず小分けに治療を行うのでしょうか。
これは決して歯医者が設けようとして尾行っていることではなくて歯医者の治療には虫歯だからこその立派な理由があるようなのです。
それは虫歯がどうやって起こってどのように直していかなければならないのか医師に明確な方針があるに他なりません。
虫歯というものの性格上、一度の治療では根本の症状が解決できないため基本の治療をまず行い、それから細かいところへの治療を行っていくため複数回の治療行為が必要になってくるのだそうです。
では根本的に通常の医療行為と歯科医院の治療行為にはどのような違いが出てくるのでしょうか。
一見違いはない様にも見えるのですが。

一回で治療が済んでしまうことの危険

通常の医療行為の場合は一度の処置で患者の苦痛や症状が取り除かれることを理想として医療行為を行います。
しかし虫歯の治療の場合は一回で治療を済ませてしまうことのほうが危険な行為なのです。
たとえば病気の場合は処方された薬を服用して安静にしていればほとんどの場合は時間が経てば完治します。
ですが虫歯であいた穴は勝手には塞がらず、時間の経過では直らないため、治すための治療が必要になります。
さらに歯科にやってくる患者のほとんどは腫れなど、何らかの痛みが出てからやって来るため症状が深刻な場合が多く、小分けの治療が必要になるのです。
さらに複数回の治療を一度に行ってしまうと患者の体に対する負担が大きすぎるため回数を分ける必要が出てくるのです。
このようなことを踏まえて今後は歯科医院に行きたいものです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る